ニキビに効く食べ物で食生活を改善※予防〜ニキビ跡も治すレシピも紹介

MENU

ニキビに効く食べ物で食生活を改善※予防〜ニキビ跡も治すレシピも紹介

ニキビを予防やすでにできてしまっているニキビを治すために、食生活を見直すのは大事なことです。

では、食べ物によってニキビを改善するにはどのような栄養素を意識して摂取する必要があるのでしょうか。

 

また、大事な栄養素を含んだ食べ物にはどんなものがあるのかなどを調査してみました。

 

 

ニキビ予防・できてしまったニキビ・ニキビ跡を治すために摂った方が良い栄養素は違う?

同じニキビでも人によって悩みが違うと思います。
例えば今はできていないニキビを予防したい人や、すでにできてしまっているニキビを改善したい人など。

 

それぞれのニキビの悩みにはどんな栄養素が大事なのか、詳しく紹介したいと思います。

 

ニキビ予防にはビタミンAが有効

ニキビができる前に予防したい人にオススメなのは「ビタミンA」。
理由は、ビタミンAには肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進する働きが期待できるからです。

 

肌の生まれ変わりがスムーズだとニキビの原因となる角栓が発生しにくくなるため、ニキビの予防に効果的なのです。
また、余分なメラニン色素をしっかり排出することができるため、シミを予防する効果も期待できます!

 

できてしまったニキビにはビタミンCが有効

すでにできてしまっているニキビを改善するために効果的なのは「ビタミンC」です。
ビタミンCはコラーゲンの生成や肌環境を整える効果が期待できるからです。
肌環境が悪くなると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが発生する原因に!

 

しかし、ビタミンCはストレスによって体内に活性酸素が発生すると大量に消費されてしまいます!
ニキビを治して美肌を保つためには、失われた分を食べ物で補う必要があるのです。

 

ニキビ跡にはビタミンB2・ビタミンB6が有効

ニキビが跡になってしまう原因はひどい炎症を起こしてしまうから。
ニキビの炎症がひどいと毛穴周辺の皮膚まで損傷してしまい、傷跡のように残ってしまうのです。

 

そんな時に効果的なのがビタミンB2・B6
ビタミンB2は皮脂の分泌調整や皮膚・粘膜の機能を維持する働きが期待できます。
また、肌の成長と再生をサポートしてくれるので、ニキビ跡も短期間で消すことが可能なのです!

 

ビタミンB6は肌を構成するタンパク質の分解・合成をサポートする働きが期待できるため、肌や粘膜の健康維持に欠かせられない成分です。
また、ホルモンバランスを整える働きも期待できます。

 

ニキビにアーモンドや落花生がNGは嘘!ビタミンEもニキビには大切な栄養素

アーモンドや落花生(ピーナッツ)は、昔からニキビができやすくなるという噂がありますよね?
私も以前はそう思っていました。
アーモンドと落花生は大好きなので、ニキビのことを気にしてあまり食べられないのが正直辛かったです(笑)

 

ところが、アーモンドや落花生がニキビによくないというのは単なる迷信であると最近になって知りました!
悪いどころか、逆にニキビや肌荒れなどに効果的だということが分かったのです。

 

アーモンドや落花生にはビタミンB2・ビタミンE・食物繊維が多く含まれているので、皮脂の量をコントロールしたり血行をよくするために効果的!
さらに、抗酸化作用もあり活性酸素を抑制する効果も期待できるといわれています。

 

ただ、アーモンドの場合約50%が油分でできているため、食べ過ぎればニキビができてしまうおそれもあります!
ニキビにならないための目安量は一日20~25粒くらいまでといわれているので、これくらいの量を守って食べるようにしてくださいね。

 

ニキビに効く食べ物とは?※実際何を食べたらいいの?

 

ニキビを治すために実際にどんな食べ物摂取すればいいのでしょうか?
重要なのはビタミン類ということで、それぞれのビタミンを多く含む食べ物を紹介したいと思います。

 

ビタミンAを含む食べ物

成長や生殖作用・感染予防などに効果的だといわれているビタミンA
ニキビ予防のために積極的に摂取したい食べ物は…

 

  • 豚のレバー(スモークレバー・生)
  • 鶏のレバー(生)
  • ウナギ
  • あんこう
  • 海苔
  • 緑茶

 

ビタミンCを含む食べ物

コラーゲンの生成や維持・メラニンの抑制などに効果的なビタミンC
すでにできてしまっているニキビを治すためにもたくさん食べたいのは…

 

  • アセロラ
  • キウイ
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • ケール
  • パセリ

 

ビタミンB2を含む食べ物

肌の生まれ変わりを促進し、肌を健康に保ってくれるビタミンB2
ニキビ跡を早く治すために積極的に食べたいものは…

 

  • 豚レバー
  • 牛レバー
  • 牛乳
  • 味噌
  • 鮭、マス

 

ビタミンB6を含む食べ物

肌の健康維持や皮膚の再生に効果的なビタミンB6
ニキビ跡を早く治して美肌を維持するために摂取したい食べ物とは…

 

  • 唐辛子
  • ニンニク
  • マグロ
  • バナナ
  • 緑茶
  • 豚(赤身)
  • 牛レバー

 

ビタミンEを含む食べ物

メラニンの沈着を抑制して紫外線を防御する効果も期待できるビタミンE
アーモンドや落花生などのナッツ類が苦手な人でも摂取することが可能!

 

  • 緑茶
  • アーモンド
  • 唐辛子
  • 小麦
  • ひまわり油
  • あんこう
  • 落花生

 

ビタミン類を豊富に含んだ食べ物はたくさんありますね!
ニキビに効果的な食べ物は体のためにもいいものばかりなので、多くのビタミンをバランスよく毎日摂取するように心掛けましょう。

 

ニキビができやすい食べ物とは?

ニキビを治すために効果的なのはビタミン類なのですが、逆にニキビをできやすくする食べ物とはどんなものなのでしょうか?
これから紹介する食べ物を無意識のうちによく食べているという人は要注意ですよ!

 

・カレー

カレーは大好きという人のほうが多いですよね。
しかし、カレーに含まれるスパイスは刺激物なので、皮脂の分泌を高めてニキビを悪化させてしまうおそれがあるのです!

 

また、刺激物は胃腸への負担が大きいため、胃腸を壊して栄養素の吸収が滞り肌のターンオーバーの乱れを招くことも。

 

・コーヒーや紅茶などのカフェイン

コーヒーなどに含まれるカフェインも刺激物なので、ニキビを誘発してしまうおそれがあります。
また、胃酸の分泌を促すため胃酸過多になり、胃腸を壊して肌荒れを引き起こしてしまう場合も。

 

・ケーキやチョコレートなどの甘い物

ケーキやチョコレートは女性ならほとんどの人が大好きですよね?
しかし、ケーキやチョコレートには糖分・動物性タンパク質・乳脂肪分が多く含まれています。
これらを消費するためには体内のミネラルやビタミン類が大量に必要!

 

このため、肌の健康維持のために必要な分が減ってしまい、ターンオーバーが乱れやすくなってニキビなどの肌トラブルが起きやすくなってしまうのです。

 

ニキビができやすくなる食べ物を知って、思わずゾッとしてしまった人は多いのでは?
皮肉にも、ニキビができやすくなる食べ物は美味しい物ばかり!

 

私もこの事実を知ってかなりショックを受けましたが…
今後はニキビ予防するためにも食べ過ぎないようにしないといけないですね。

 

ニキビに効く食べ物を使ったアレンジレシピ

ニキビの予防や改善のために、ビタミン類を多く含む食べ物を使った料理レシピを考えてみました。
「これは美味しそう!」と感じたら、早速試してみてくださいね。

 

まず、飲み物はビタミンAとビタミンEが豊富に含まれている緑茶を用意してください。

 

はじめに紹介するのは、「豚や牛のレバーを使った味噌炒め」。

 

レバーを味噌で炒めたら、トッピングに唐辛子を少々付け足します。
味付けはお好みでOKですが、炒め油はビタミンEを豊富に含むひまわり油を使いましょう!

 

次は、ビタミンB2を豊富に含んだ「鮭のクリーム煮」。

もちろん、マスでもOKですよ。

 

ブロッコリーとその他のお好みの野菜をニンニクと一緒にひまわり油で軽く炒め、ある程度火が通ったら鮭の切り身を1枚入れて鮭に焦げ目が付くくらいまで炒めます。

 

次に鍋に水を入れて、お好みの量の牛乳を入れてクリームスープを作ります。
とろみがあったほうがいい人は、とろみを付けてもOK。
味付けはお好みで、塩やコンソメなど好きなものを使ってください。

 

クリームスープができたら、鮭と野菜を炒めたものを入れて煮込みます。
柔らかさもお好みでOK!

 

煮込み終わったら、付け足しとして唐辛子を少しまぶします。
また、刻みアーモンドやアーモンドパウダーを隠し味に使っても美味しいですよ。

 

ここで紹介したレシピはとても簡単ですし、好みに応じてアレンジも可能なのでぜひ試してみてくださいね。

 

便秘はニキビの原因!食物繊維や乳酸菌で腸活も意識しましょう

 

ニキビは肌環境の悪化だけではなく、腸内環境の悪化も大きな原因です!

特に便秘はニキビと密接なつながりが…

 

便秘になると悪玉菌が腸内に大量発生し、有毒ガスが溜まってしまいます。
この有毒ガスは血液にのって全身を回り、皮膚細胞にまで到達!
この状態になると肌のターンオーバーが乱れやすくなり、ニキビや肌荒れを引き起こしてしまうのです。

 

また、便秘は自律神経の働きを弱めてしまうため、血行が悪くなって肌の調子も悪くなってしまうといわれています。

 

 

ニキビを防いで美肌を保つためには、腸内環境を整えて便秘を解消することが重要。
腸内環境を整えるためにも、乳酸菌や食物繊維を積極的に摂取して腸活をするように心掛けましょう。


 

ニキビは治したい!だけど栄養まで考えられない!サプリで摂ってもいい?

「ニキビを治したいけど、食事管理を毎日する時間がない!」、というような人も少なくないはずです。
仕事などで時間に余裕がないと、どうしてもコンビニ弁当のような偏った食事をしてしまいがちですよね。

 

そんな時に強い味方になってくれるのがサプリメント。
サプリメントなら毎日手軽に十分な量のニキビに効果的な栄養素を摂取することができます!

 

食事のことをジックリ考えている時間がないという人は、サプリメントを上手に使ってニキビ対策に役立ててくださいね。

 

ニキビができるのには理由がある!まずは場所(位置)と種類を自己分析しよう

 

関連ページ

ニキビができるのには理由がある!まずは場所(位置)と種類を自己分析しよう
ニキビはひどいものだと痛みを伴ったり真っ赤に腫れるなどの症状があり、本当に不快なものですよね!
ニキビを治すためには洗顔料は必須アイテム!正しい洗顔方法を伝授
ニキビを改善するために洗顔はとても大事。 しかし、ニキビに効果的な洗顔料を選ばないとなかなか治すのは難しいかもしれません。 そこで、ニキビを治すためにはどんな洗顔料を選べばいいのか、どんな成分が効果的なのかなどを詳しく調べてみました。