ニキビを治すためには洗顔料は必須アイテム!正しい洗顔方法を伝授

MENU

ニキビを治すためには洗顔料は必須アイテム!正しい洗顔方法を伝授

ニキビを改善するために洗顔はとても大事。

しかし、ニキビに効果的な洗顔料を選ばないとなかなか治すのは難しいかもしれません。

 

そこで、ニキビを治すためにはどんな洗顔料を選べばいいのか、どんな成分が効果的なのかなどを詳しく調べてみました。

 

洗顔料を使わない方がいいは嘘!自分にあった洗顔料なら使った方がニキビには良い

「ニキビを治すためには洗顔料は使わないほうがいい」、というようなことを聞いたことはありませんか?
私もこれは聞いたことがありましたが、調査してみた結果これは間違いであるということが分かりました!

 

確かに洗浄力が強すぎるものや、肌に刺激を与えてしまうような添加物が配合されている洗顔料はニキビにはよくありません!
しかし、優しい成分でさらにニキビに効果的な成分が配合された洗顔料なら、逆にニキビにはピッタリなのです。

 

「洗顔料はニキビによくないみたいだから使わない!」という間違った考え方は今すぐやめて、早速どんな洗顔料がニキビに効果的なのかを調べてみましょう。

 

洗顔料の選び方※ニキビ肌に有効な成分をチェック

ここからはどんな成分がニキビに効果的なのかを紹介していきます。
ニキビといっても「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の2種類があるので、それぞれのニキビに効果が期待できる成分を調査してみました。

 

思春期ニキビの場合

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌とアクネ菌が原因です。
ニキビを治すためには、まず皮脂の分泌を抑制する効果が期待できる成分が配合されているかが重要。

 

具体的には…

 

  • グリチルレチン酸ステアリル
  • サリチル酸
  • グリチル酸ジカリウム
  • イオウ

 

これらの成分は角質を柔らかくしたり毛穴に溜まった皮脂の解消のほか、殺菌作用や抗炎症作用が期待できます。

 

大人ニキビの場合

大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ・乾燥・ストレス・睡眠不足などが原因だといわれています。
改善のために注目したいのは、皮脂の過剰分泌の抑制や肌の乾燥を防ぐためにしっかり保湿ができる成分

 

例えば…

 

  • サリチル酸
  • グリチルレチン酸ステアリル
  • ビタミンC誘導体
  • グリチルリチン酸2K
  • イソプロピルメチルフェノール

 

これらの成分には硬くなった角質を柔らかくして毛穴詰りを防いだり、抗炎症作用のほか保湿や殺菌効果も。
思春期ニキビ・大人ニキビともに、硬くなった角質を柔らかくする効果には注目したほうがよさそうですね。

 

洗顔を使い続ける意味は?どれくらいの期間使えば効果が実感できるの?

ニキビに効果的な洗顔料はどれくらいで効果を実感できるか知っていますか?

 

これを知らないと気持ちばかりが焦ってしまいがちですから、まずはおおよそどれくらいで効果を実感できるのかを知っておきましょう。

 

ニキビに効果的な洗顔料は、どの商品も1~2ヶ月程度で効果を感じ始める人が多いようです。
しかし、効果の感じ方には個人差があるため早い人だと2週間程度、遅い人だと半年以上経たないと何も変化を感じないという人もいます。

 

効果を実感できるまでの期間は肌のターンオーバーが関係しているといわれています。
ターンオーバーが早い人は効果を早めに実感できるのですが、逆に遅い人はなかなか効果を実感できないという特徴があるようです。

 

 

また、できるだけ早く効果を実感するためには毎日継続して洗顔することが重要
ニキビができにくい肌になるためには、毎日肌を清潔にしてケアする必要があるからです。


 

市販の洗顔料をタイプ別に紹介

次に、市販で販売されている洗顔フォームにはどんなタイプがあり、それぞれはどのようなメリット・デメリットがあるのかなどを紹介したいと思います。

 

フォームタイプ

フォームタイプはチューブに入った洗顔料で、市販で販売されている洗顔料の中では一番種類が多いのではないでしょうか。

 

比較的低価格で大容量のものが多い点はメリットなのですが、泡立ちをよくするための添加物を使用している場合が多いというデメリットもあります。

 

中には石油系界面活性剤を使用した洗浄力が強いものもあるので、購入時には注意する必要があるでしょう。

 

優しい成分のものなら、洗浄力が高いということで皮脂の過剰分泌によるニキビには効果的が期待できるかもしれません。

 

ジェルタイプ

ジェルタイプはチューブ入りのものが多く、中身は透明か半透明のジェルです。
清涼感があり、ベタつかずサッパリと使えるというメリットがあります。
しかし、やや洗浄力が低めで泡立ちが少ないというデメリットが。

 

ジェルタイプは優しい洗浄力なので、洗顔後のツッパリ感が気になる人や乾燥によるニキビに悩んでいる人にオススメだといえるでしょう。

 

粉(パウダー)タイプ

パウダータイプは粉状の洗顔料で、大体がフタ付きのボトル容器に入っていることが多いでしょう。
比較的種類は少ないのですが水を使用していないため、防腐剤や着色料などの添加物が含まれていないという安心感があります!

 

ただ、パウダータイプは空気に触れると容器の中で固まってしまったり、取り出しにくいなどのデメリットが。
添加物が少なめなので、乾燥が原因で敏感肌になってしまった人のニキビにはオススメでしょう。

 

スクラブタイプ

スクラブタイプとは、フォームタイプにスクラブ成分(ツブツブ)を配合したものです。
強力な洗浄力なので、くすみや古い角質が積み重なってしまう角質肥圧などの悩みにはいいのですが、肌への刺激が強いというデメリットがあります。

 

肌への刺激が強いと、乾燥肌や敏感肌の人にとってはより症状を悪化させてしまう場合も!
ですから、スクラブ洗顔は毎日ではなく、週に2~3回程度肌表面のザラつきやゴワつきを解消するために使用するのがいいでしょう。

 

スクラブタイプは、脂性肌で毛穴に古くなった角質が詰まることでニキビができている人にはオススメできます。

 

泡タイプ

泡タイプは、泡状やクリーム状なので大体ポンプ式の容器に入っている場合が多いでしょう。
はじめから泡の状態なのでわざわざ泡立てる手間が省けるというメリットがありますが、手に取りだして時間が経つと泡がへたってきてしまいます…
このため、毛穴の奥まで洗浄成分が届かなくなる可能性があるという点がデメリットだといえるでしょう。

 

また、中には刺激や洗浄力が強すぎるものもあるため、購入する際は配合成分に十分注意するようにしてください。
しかし、優しい成分のものなら泡で優しく洗顔することができるため、敏感肌や乾燥肌のニキビにはピッタリでしょう。

 

ニキビを治すためのおすすめの洗顔方法

では、ニキビを治すためにはどのように洗顔をすればいいのでしょうか?
せっかく効果的な洗顔料を使用しても、洗顔方法がよくなければ効果が実感できない可能性もあるので、洗顔方法は無視できません!

 

ニキビを治すための正しい洗顔方法とは…

 

  1. 手をキレイに洗った後、30~35度くらいの温度のお湯で予備洗いをする
  2. 洗顔料を泡立てる
  3. 泡を顔に付けていき、Tゾーン・頬・こめかみ・口周りの順に優しく円を描くように洗っていく
  4. 泡が残らないようにしっかりすすぐ
  5. 清潔なタオルで押し当てるように十分に水分を拭き取る

 

ここまでが正しい洗顔方法になります。

 

では、洗顔時にどんなことに注意する必要があるのでしょうか?

 

・洗いすぎに注意!

 

ニキビができると、とにかく洗顔する回数を増やすという人はいませんか?

実はこれはニキビを治すためには逆効果!

 

洗顔のしすぎは皮脂の過剰分泌や乾燥、シミなどの原因になってしまうのです。
ニキビを治したいのに皮脂が過剰分泌されてしまっては意味がないですよね。

 

・ゴシゴシ洗いをしない

 

洗顔をする時に顔を手でゴシゴシと擦って洗う人が多いと思います。

実はこれも間違った洗顔方法。

 

ゴシゴシと擦って洗顔すると、肌表面の角質が摩擦で傷ついてしまう結果に。
また、肌の乾燥や敏感肌を悪化させてしまうおそれも。

 

ニキビができた肌は敏感になっている場合が多いので、擦り洗いをするとますますニキビを悪化させる原因にもなります。

 

・長時間洗い続ける

 

ニキビを治したい一心で、長時間洗顔を続けてしまう人もいるのでは?

これは顔をキレイにしているつもりでも、実は肌には大きな負担をかけていることになります!

 

長時間の洗顔は乾燥肌や敏感肌を招くだけでなく、肌の潤いまで洗い落としてしまうのです。

 

この他にも、肌に合わない洗顔料を使う・冷水や熱すぎるお湯で洗う・しっかり泡立てないなどに注意が必要です。

 

大人ニキビにおすすめの洗顔料ランキング

 

ここからは大人ニキビにオススメの洗顔料をランキングで紹介していきます。
気になる商品があったら、迷わずに一度試してみましょう!

 

「No1、ルナメアACファイバーフォーム」

植物繊維のファイバースクラブとフランス産のクレイ(泥)を配合し、毛穴に詰まった皮脂や角質を優しく絡め取ってくれます。
キメの細かい濃密な泡で、洗顔後はツルンとしたなめらかな肌に。

 

ブランド名 FUJIFILM(フジフィルム)
商品名 ルナメアACファイバーフォーム
価格

通常価格 120g 2268円(税込)、80g 1944円(税込)
定期購入 120g 2041円(税込)、80g 1749円(税込)

内容量 120g・80g
ニキビタイプ 乾燥によるニキビや脂性肌のニキビにも効果的
種類 スクラブタイプ
「No2、キュレル皮脂トラブルケア泡洗顔」

皮脂溶解成分を配合しているため、毛穴の汚れや過剰な皮脂をしっかりと落としてくれます。
肌にとって重要な成分セラミドを守ってくれるので、スッキリとしているのにしっとり感のある肌に。
香料・着色料・アルコールが不使用で肌に優しい弱酸性です。

 

ブランド名 KAO(花王)
商品名 キュレル皮脂トラブルケア泡洗顔
価格

150ml 1296円(税込)、130ml1080円(税込)
※販売店によって異なる

内容量 150ml・130ml(詰め替え用)
ニキビタイプ 乾燥や敏感肌のニキビにも効果的
種類 泡タイプ
「No3、NOV(ノブ)ACアクティブウオッシングフォーム」

肌の潤いを守りながら、余分な汚れや皮脂をしっかり落として同時にピーリングも可能。
毛穴の黒ずみや、肌のザラつきが気になるニキビ肌にオススメのマイルドピーリング洗顔料です。

 

無香料・無着色・オイルフリーで低刺激処方となっています。

 

ブランド名 常盤薬品
商品名 ノブ ACアクティブウオッシングフォーム
価格 2700円(税込)
内容量 100g
ニキビタイプ 乾燥・脂性肌のニキビやすでにできてしまっているニキビに効果的
種類 フォームタイプ
「No4、メンソレータムアクネス薬用クリーム洗顔」

イソプロピルメチルフェノールを配合しているので、毛穴の奥のアクネ菌も殺菌してくれます。
ニキビの原因になる汚れや皮脂をサッパリ洗いあげ、プチプラな点も大きな魅力です。

 

ブランド名 ROHTO(ロート製薬)
商品名 メンソレータムアクネス薬用クリーム洗顔
価格 567円(税込)
内容量 130g
ニキビタイプ アクネ菌が繁殖したことが原因のニキビに効果的
種類 フォームタイプ
「No5、スキンライフ薬用洗顔フォーム」

クリーミーな泡で優しく毛穴の汚れや皮脂を洗いあげてくれます。
ピンクグレープフルーツの香りも魅力!
殺菌・抗炎症・潤いに効果的な成分を配合し、オイルフリー処方となっています。

ブランド名 牛乳石鹸
商品名 スキンライフ薬用洗顔フォーム
価格 486円(税込)
内容量 130g
ニキビタイプ 毛穴の汚れや皮脂が原因のニキビに
種類 フォームタイプ

 

市販で販売されているニキビ用の洗顔料はかなりプチプラのものもあります!
成分に注意をしながら積極的に試してみましょうね。

関連ページ

ニキビができるのには理由がある!まずは場所(位置)と種類を自己分析しよう
ニキビはひどいものだと痛みを伴ったり真っ赤に腫れるなどの症状があり、本当に不快なものですよね!
ニキビに効く食べ物で食生活を改善※予防〜ニキビ跡も治すレシピも紹介
ニキビを予防やすでにできてしまっているニキビを治すために、食生活を見直すのは大事なことです。 では、食べ物によってニキビを改善するにはどのような栄養素を意識して摂取する必要があるのでしょうか。